SBGパートナー加盟申請

SBGパートナー制度
についてはこちら
SBGパートナー制度
についてはこちら

重要事項確認

  1. SBGは、信頼関係に基づく共存共栄型のビジネスプラットフォームです。
    SBGパートナーは、SBGの理念・目的を理解したうえでSBGに参加するものとします。
  2. SBGへの加盟には、SBGパートナーからの紹介が必要となります。入会金・会費は不要です。
  3. SBGは、個人での加盟を前提としたビジネスギルドです。
    法人での加盟を希望される場合も、個人での加盟が必要となります。
  4. SBGを通じて商品・サービスの営業活動を行う場合は、ビジネスパートナー登録が必要となります。
    ビジネスパートナー登録は、SBGへの加盟後に行うことができます。
    ビジネスパートナーには、月次会費が発生します。
  5. 法人パートナー向け割引購入サービス「SBG購買部」は、ビズネット株式会社が運営する「Biznet 販売システム」を通じて提供されます。アカウント発行に必要な情報を担当ディーラーを通じてビズネット株式会社へ提供いたしますので、アカウント発行を希望されない場合は、その旨お申し出ください。
2020年5月10日現在
株式会社リードアクション

SBGパートナー規約

第1章 総 則
第1条(SBGパートナー)

株式会社リードアクション(以下、「SBG本部」といいます。)が運営するビジネスプラットフォーム「SBG」へ加盟した個人および法人をSBGパートナー(以下、「パートナー」といいます。)と呼びます。

第2条(情報登録)

パートナーは、自身に関する詳細情報を登録することができます。登録にあたっては、正確を期すものとし、虚偽の情報を登録してはなりません。登録された情報は、SBGプライバシーポリシーに則って管理されます。

第3条(秘密保持)
  1. SBGから提供された情報や書類等については、提供目的に沿って適切に取り扱わなければなりません。秘密であることを明示された情報については、SBG本部の許可なく第三者に開示してはなりません。また、教材と記された文書は、パートナー以外に開示してはなりません。
  2. 以下の情報については、前項の秘密に該当しないものとします。
    1. 提供以前に公知となっている情報
    2. 提供時点においてすでに自己が保有していた情報
    3. 提供後に自己の契約違反、不作為、懈怠または過失等によらずに公知となった情報
    4. 提供されたいかなる情報にもよらずに独自に開発した情報
    5. なんらの秘密保持義務を負担することなく第三者から合法的に取得した情報
  3. 脱退時にSBG本部からの求めがあった場合は、SBGから提供された情報や書類等を返還または破棄しなければなりません。
第4条(反社会的勢力の排除)
  1. SBGへの加盟を希望する人は、現在および将来にわたり、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、保証しなければなりません
    1. 暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下、これらを「暴力団員等」といいます。)
    2. 暴力団員等に経営を支配され、または経営に実質的に関与されていると認められる関係その他社会的に非難されるべき関係にある者
    3. 自己もしくは第三者の不正利益目的または第三者への加害目的等、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係にある者
    4. 暴力団員等への資金等提供、便宜供与などの関与をしていると認められる関係にある者
  2. SBGへの加盟を希望する人は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約しなければなりません。
    1. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    2. 脅迫的な言動、暴力を用いる行為をし、または風説の流布、偽計もしくは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
    3. その他前各号に準ずる行為
第2章 加盟・脱退
第5条(加 盟)
  1. SBGへの加盟を希望する個人は、パートナーによる紹介を条件として、所定の手続きに則って加盟申請を行うことができます。
  2. SBGへの加盟を希望する法人は、当該法人に所属する個人がパートナーであることを条件として、所定の手続きに則って加盟申請を行うことができます。ただし、当該法人に所属する個人についてパートナーからの紹介がある場合は、当該個人と当該法人の加盟申請を同時に行うことができます。
  3. 加盟申請を行う個人および法人は、前各項の申請をもって、SBGパートナー規約(以下、「本規約」といいます。)加盟申請を行う個人および法人は、前各項の申請をもって、SBGパートナー規約(以下、「本規約」といいます。)に同意したものとみなします。加盟には、SBG本部による承認が必要となります。
第6条(脱 退)
  1. パートナーは、次のいずれかの場合にSBGを脱退するものとします。
    1. パートナーから脱退の申し出があり、SBG本部がこれを承認したとき
    2. パートナーが死亡または死亡宣告を受けたとき
    3. パートナーである法人が解散したとき
    4. 除名されたとき
  2. 法人パートナーが脱退した場合であっても、当該法人に所属する個人パートナーが当然に脱退するものではありません。
第7条(除名)
  1. 次の各号の一に該当する場合、SBGから除名されることがあります。また、除名されない場合であっても、SBGでの活動を制限されることがあります。
    1. 本規約への違反があったとき
    2. 監督官庁より営業停止、営業免許もしくは営業登録の取消処分を受けたとき
    3. 仮差押え、仮処分、差押え、強制執行、担保権の実行としての競売等の申立て、または破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始の申立てがあったとき、もしくは清算手続に入ったとき
    4. 手形または小切手の不渡り処分を受けたとき、または銀行取引停止処分を受けたとき
    5. 破産、民事再生、会社更生又は特別清算を申し立てられ、又は自ら申し立てたとき
    6. SBGの信用を毀損する行為があったとき
    7. SBG本部がパートナーとしてふさわしくないと判断したとき
  2. 前項各号の事由によってSBGに損害が生じた場合、原因を生んだパートナーは一切の損害を賠償しなければならず、SBGに対する一切の債務について当然に期限の利益を失い、直ちに債務を弁済しなければなりません。
第8条(脱退後の義務)

パートナーは、SBG脱退後も、第3条、第9条および第12条の義務を負うものとします。

第3章 活 動
第9条(ビジネスパートナー)
  1. SBGを通じて商品・サービスの営業活動を行う場合は、ビジネスパートナー登録が必要となります。ビジネスパートナー登録にあたっては、対象となる商品・サービス(以下、「対象商材」といいます。)を定めたうえで、対象商材ごとに紹介手数料を設定いただきます。また、ビジネスパートナーであっても、対象商材以外の商品・サービスの営業活動を行ってはなりません。ビジネスパートナーには、SBG本部の承認をもって登録されます。
  2. SBGを通じた営業活動とは、SBG本部からの紹介先、パートナー(SBG加盟以前から旧知の人を除きます。)、パートナーからの紹介先、SBGの会合等で知り合った人、およびそれらの人からの紹介先(以下、総称して「SBGを通じて知り合った人」といいます。)への営業活動およびSBGが提供するWEB購買システムを通じた営業活動を指します。
  3. ビジネスパートナー登録された法人パートナーは、当該法人に所属する個人パートナーに、自己のためにSBGを通じて対象商材の営業活動を行わせることができます。
  4. ビジネスパートナーは、見込顧客に対し誠意をもって対応し、SBGと当該顧客との信頼関係を損わないよう心掛けなければなりません。
  5. ビジネスパートナーは、SBGを通じた営業活動によって生じた取引額等を翌月15日までに月単位でSBG本部へ報告しなければなりません。ただし、取引のない月についてはこの限りではありません。また、SBG本部が求める場合、SBGを通じた営業活動の進捗状況、取引条件その他の情報を遅滞なく報告するものとします。
  6. 紹介手数料は、原則として、ビジネスパートナーが営業対価を受領した月の翌月末までに所定の銀行口座へ振り込みによって支払うものとします。振込手数料はビジネスパートナーの負担とします。
  7. ビジネスパートナーと見込顧客との間に生じた取引上その他の問題・紛争等については、すべてビジネスパートナーが処理・解決するものとし、SBG本部は責任を負いません。
  8. ビジネスパートナー登録のないまま偶発的にSBGを通じて商品・サービスの営業活動を行うに至った場合は、速やかにその旨SBG本部へ報告しなければなりません。この場合、その取り扱い等について、SBG本部と協議するものとします。
  9. ビジネスパートナーは、名称のいかんを問わず、SBGを通じて知り合った人と顧客紹介に関する契約を締結することはできません。
  10. ビジネスパートナーは、ビジネスパートナー登録を取り下げた場合であっても、本条の義務を負うものとします。
  11. ビジネスパートナーのうち、部門・領域において優先的・主導的役割を担うパートナーを幹事パートナーと呼びます。幹事パートナーは、SBG本部と当該パートナーとの協議により選任されます。幹事パートナーの任期は1年間とし、任期満了2ヵ月前までに双方いずれからも特段の意思表示のない場合は、同一条件で1年間任期を延長するものとします。
第10条(委嘱)

SBG本部は、特定のパートナーにSBG本部の役割を委嘱する場合があります。委嘱内容や諸条件等については、個別契約で定めます。

第11条(月次会費)
  1. 月次会費は次のとおりとします。ただし、個別にこれと異なる会費を設定することがあります。
    1. 幹事パートナー
      5万円(税別)
    2. 前号以外のビジネスパートナー
      5千円(税別)
    3. 前各号以外のパートナー
      なし
  2. 月次会費は、毎月末日までに翌月分を所定の決済方法によって支払うものとします。銀行振込の振込手数料はパートナーの負担とします。
  3. 月次会費の支払いが遅延した場合は、SBGでの活動を制限されることがあります。
  4. 月次会費には、SBGの会合等への参加費は含まれません。
第12条(活動規範)
  1. パートナーは、SBGの理念・目的を理解したうえでSBGに参加するものとします。法令および諸規定を遵守するとともに、信頼関係に基づき活動し、SBGの信用を傷つけないよう心掛けてください。
  2. 法人パートナーに所属する人であっても、個人パートナーでない人は、SBGで活動することはできません。ただし、SBGが提供するWEB購買システムの利用については、この限りではありません。
  3. パートナーは、ビジネスパートナーおよび対象商材を第三者に紹介することができます。ただし、SBG本部から具体的な指示があった場合は、これに従ってください。
  4. SBGを通じて知り合った人を第三者に紹介する場合で、ビジネスパートナー以外の当事者の営業機会が拡大する可能性がある場合は、遅滞なくその旨SBG本部へ報告してください。ビジネスパートナー以外の当事者に売上が発生した場合は、紹介者であるパートナーの責任において、当該当事者に対しビジネスパートナーに準じた紹介料の拠出について承認させるものとします。また、名称のいかんを問わず、SBGを通じて知り合った人と顧客紹介に関する契約を締結してはなりません。
  5. SBGを通じて、他の団体やネットワークビジネスなどの勧誘を行ってはなりません。ただし、SBG本部が認めた場合はこの限りではありません。
  6. 公序良俗に反する行為や他のパートナーの迷惑になる行為は行ってはなりません。また、SBGにおける活動についてSBG本部から具体的な指示があった場合は、これに従ってください。
  7. SBGが提供するWEB購買システムのうち外部事業者が運営するサービスを利用する場合は、当該サービスの利用規約に合意したものとみなします。特段の申し出がない限り、SBG本部は、法人パートナーについて、加盟時点で当該サービスの利用に必要なアカウント発行手続きを行います。
第13条(地位移転の禁止)

パートナーの地位を第三者に移転することはできません。また、第三者に対し、パートナーの資格等に関するサブライセンスやサブフランチャイズを設定してはなりません。

第14条(コミッション)
  1. パートナーからの紹介によってビジネスパートナーが営業対価を得た場合、紹介コミッション規定に基づき、稼働者および導入者であるパートナーに対し紹介コミッションを支払います。
  2. プロジェクトへの参画その他の理由により、パートナーに対し前項以外のコミッションを支払う場合があります。
  3. コミッションは、パートナーが登録した銀行口座へ振り込みによって支払います。銀行口座の登録がない場合、または登録された銀行口座の情報に不備がある場合は、支払いを留保させていただきます。なお、振込手数料はパートナーが負担するものとします。
  4. 留保の原因となった事由が解消しないまま2年を経過した場合、留保されたコミッションについて、SBG本部は支払いの義務を負わないものとします。
第4章 その他
第15条(本規約の構成)

SBG本部は、SBGを運営するため、SBGプライバシーポリシー、紹介コミッション規定その他の規定を定めることができ、これらの規定は、本規約の一部を構成するものとします。

第16条(本規約の変更)
  1. 本規約は、将来、予告なく変更することがあります。
  2. 本規約の変更は、変更の告知後7日間の経過をもって発効するものとします。ただし、法律上の理由に基づく変更は、直ちに発効するものとします。
第17条(SBGの終了)

SBG本部は、予告なく、SBGにおけるサービスの提供を終了することができるものとし、これに伴い、パートナーに不利益、損害が生じた場合であっても、SBG本部はその責任を免れるものとします。

第18条(準拠法)

本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

第19条(仲裁)

本規約から、または本規約に関連して、当事者の間に生ずることがあるすべての紛争、論争または意見の相違は、一般社団法人日本商事仲裁協会の商事仲裁規則に従って、大阪において仲裁により最終的に解決されるものとします。

第20条(管轄)

本規約から、または本規約に関連して、当事者の間に生ずることがあるすべての紛争は、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


2019年12月1日現在
株式会社リードアクション

SBGプライバシーポリシー

SBG本部は、SBG運営におけるパートナーの個人情報の取り扱いについて、法令を遵守し、個人情報を適切に保護する目的で、次のとおりプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。
第1条(個人情報)

本ポリシーにおいて個人情報とは,個人情報保護法にいう個人情報を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報、および容貌、指紋、声紋にかかるデータまたは健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

第2条(個人情報の収集方法)

SBG本部は、加盟申請その他の場面で、氏名、生年月日、住所、電話番号、Eメールアドレス、銀行口座番号、クレジットカード番号、運転免許証番号および経歴その他の個人情報を収集することがあります。また、パートナーが第三者に開示した個人情報を含む各種情報を、当該第三者の同意を得て収集することがあります。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)

SBG本部が個人情報を収集・利用する目的は、以下のとおりです。

  1. SBGにおけるサービスを提供するため
  2. パートナーにビジネスの機会を創出するため
  3. パートナーへの協力を要請するため
  4. パートナーの意向に基づいて第三者へパートナーを紹介するため
  5. パートナーからの問い合わせに対応するため
  6. SBG本部からの各種連絡・案内を発信するため
  7. 本人確認を行うため
  8. コミッション等の支払いを行うため
  9. その他SBGの運営上必要な目的のため

第4条(個人情報の第三者提供)
  1. SBG本部は、次の各号の場合を除いて、パートナーによる事前の同意なく、第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、個人情報保護法その他の法令で認められる場合は、この限りでありません。
    1. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    2. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    3. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  2. 前項の定めにかかわらず、次の各号の場合には、当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。
    1. SBG本部の役員、従業員およびSBG本部の役割を委嘱されたパートナーがSBGを運営するために個人情報を取り扱う場合
    2. SBG本部が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取り扱いの全部または一部を委託する場合
    3. 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
    4. 公表することを前提にパートナーから提供された個人情報を公表する場合
    5. 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨ならびに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめ本人に通知し、または本人が容易に知り得る状態に置いた場合
第5条(個人情報の開示)
  1. SBG本部は、本人から個人情報の開示を求められたときは、本人に対し、遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次の各号のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては、所定の手数料を申し受けます。
    1. 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    2. SBG本部の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    3. その他法令に違反することとなる場合
  2. 前項の定めにかかわらず、履歴情報や特性情報などの個人情報以外の情報については、原則として開示いたしません。
第6条(個人情報の訂正および削除)

SBG本部の保有する自身に関する個人情報が誤った情報であると知った場合、パートナーは、所定の手続きに則って個人情報の訂正等を求めることができます。パートナーの求めに応じる必要があると判断した場合、SBG本部は、遅滞なく当該個人情報の訂正等を行うものとします。

第7条(個人情報の利用停止等)
  1. パートナーから、個人情報が利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、もしくは不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止等を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行います。
  2. 前項の調査結果に基づき、パートナーの求めに応じる必要があると判断した場合、SBG本部は、遅滞なく,当該個人情報の利用停止等を行います。
  3. 前各項の定めにかかわらず、利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、パートナーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、当該代替策を講じることができるものとします。
第8条(本ポリシーの変更)

本ポリシーの内容は、法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて、パートナーに通知することなく,変更することができるものとします。また、変更内容は、SBGのウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

第9条(お問い合わせ窓口)

本ポリシーに関するお問い合わせは、次の窓口までお願いいたします。
住所:大阪市北区梅田1-2-2大阪駅前第2ビル1413
社名:株式会社リードアクション(SBG本部)
担当:SBGパートナー担当
Eメール:sbg@leadaction.jp


2020年5月10日現在
株式会社リードアクション

紹介コミッション規定

commission

  1. 紹介コミッションは、登録されたパートナーに対して支払います。パートナー登録がない場合は、紹介コミッションをお支払いできません。
  2. 紹介コミッションの算定基礎となる手数料基準額は、販売者がSBGへ拠出する手数料と異なる場合があります。
  3. 稼働者が商品・サービスの具体的な説明・ニーズ喚起を行わなかった場合であっても、紹介コミッションを支払います。ただし、この場合のコミッションレートは35%となります。
  4. 購入者がパートナーである場合であっても、稼働者へは紹介コミッションを支払います。また、購入者がパートナーである場合であっても、購入者へは紹介コミッションを支払いません。
  5. 商品・サービスによっては、紹介コミッションの設定がないものやコミッションの金額・レートが異なるものがあります。
  6. 紹介者、導入者等の判定は、原則として、加盟申請書等に基づいて行います。ただし、パートナー自身が所属する組織は、パートナーと同一であるものとみなします。また、同一組織に所属するまたは家計を一にするパートナーは、相互に紹介者とならないものとします。
  7. パートナー間で調整が必要な場合は、関係者が協議するものとし、協議が調うまで紹介コミッションの支払いを留保させていただく場合があります。また、協議が調う前であっても、紹介コミッションをお支払いした時点でSBG本部の債務は履行されたものとみなします。
  8. 紹介コミッションの支払いは、原則として、SBG本部が手数料を受領した翌月15日となります。ただし、解約控除等の設定がある場合は、これと異なる取り扱いとなる場合があります。
  9. 1万円に満たない紹介コミッションは、累計で1万円に達するまで支払いを留保いたします。
  10. 継続的に発生する紹介コミッションは、原則として初回取引から3年間にわたって支払います。また、SBG本部と各業者との紹介契約が終了した場合は、紹介コミッションの支払いを終了する場合があります。
  11. 紹介コミッションの取り扱いは、予告なく変更する場合があります。

※メールアドレスがSBGパートナー登録時のIDとなります。お間違えのないようご入力ください。